無機化学は暗記化学か?@


突然ですが、皆さんは、「化学」は好きですか?
…私は大好きです。将来は科学者になりたいと本気で思っているくらいに。

…「化学」、それは高校までは、『暗記』が多勢を占める科目です。
高校までは、ということは、大学からは大きく変わる(そうだ)ということです。
これは私が去年の夏休みに、ある大学の研究室を見学した時、
「高校化学オリンピック」の過去問を解いた時、
「化学T・Uの新研究」と言う名の参考書を読んだ時に、ひしひしと感じたことです。
私はそんな「暗記でない化学」を、ここで是非紹介したいと思いました。

 しかし、化学の学習を進めていくにつれ、あることに気づきました。
「暗記で無い化学」を理解するためには、少なくとも高校の教科書レベルは覚えていないと厳しいのです。

 とは言え、「化学T」の教科書だけでも300ページ。特に暗記色の強い「無機」「有機」の分野だけでも120〜130ページはあります。これを覚えるのは至難の技ですよね。

 という訳で朝森は、ある計画を実行しました。
それは、「化学Tの教科書の無機・有機分野を、ノート6ページ分にまとめよう計画」です。
そして先日、ついにその計画を達成しました。それらは個人的には結構な出来栄えだったので、 思い切ってWebページにUPしてしまおうと思いました。

 …以上、長い前置きでした。それでは次の注意事項をよく読んで、理解していただけた方は、下のリンクをクリックしてみて下さい。
注意事項
@クリックすると、朝森の手書きのノートをそのままスキャンした画像が2枚登場します。 自慢ではないですが、人並み以上に下手な字です。かろうじて日本語として読めるレベルです。
Aワープロソフト等を使って書いても良かったのですがあえて手書きにしました。 ダウンロードして印字すればそのまま使えるモノより、「へぇ、高校化学の暗記なんて大したこと無いじゃん」 と感じて頂き、早速皆さんが、化学の勉強にいそしむきっかけとなるモノを作りたかったからです。
Bという訳で、ダウンロードはご自由に。ただし、結構重いです(2枚あわせて約1MB)。
C今回UPしているのは、6ページの内、無機分野の半分を載せた2ページです。
Dただでさえ読みにくい字なのに、高校で化学を習っている(習った)方で無いと、まず理解不能なことばかり書いてあります。
E私のノートを見て、その場で鼻で笑うのは大いに構いませんが、これに関して朝森に物申したい方は、 是非朝森にメールを送るようにして下さいな。

朝森のノート(化学T・無機分野の半分)を見てみる。

『べしゃり』に戻る トップへ inserted by FC2 system