理学部生のネット上での存在感について

ふと、Googleで「理学部生」を検索してみたところ、「約718件」とのこと。
Googleにしてはやけに少ないなあ、と思いました。
だって、「朝森久弥」で検索しても「約 7,070 件(2006年8月6日実施:日本語のページのみ)」あるんだもの。
もしかして、理学部生はインターネット上で存在感が薄いのでは!?
いや、まだ結論づけるには早すぎる。こういうときは比較検討が必要だ。
そこで、「法学部生」「医学部生」「工学部生」「文学部生」「薬学部生」「農学部生」も検索してみた。
結果は…
「法学部生」:約 111,000件
「医学部生」:約 98,400 件
「工学部生」:約 62,600 件
「文学部生」:約 18,600 件
「薬学部生」:約 17,400 件
「農学部生」:約 11,500 件 (2006年8月6日実施:日本語のページのみ)
そして、「理学部生」:約 718 件。正に、桁違いとはこの事です。
理学部生って、こんなに存在感無かったっけ!?
いや、まだあきらめてはいけない、今度はYahoo!で調べてみるんだ。
   
検索語句 法学部生 医学部生 工学部生 文学部生 薬学部生 農学部生理学部生
ヒット数 約116,000件 約69,800件 約22,400件 約19,200件 約16,300件 約2,260件 2,460

(2006年8月6日実施。Yahoo!のウェブ検索「ウェブ全体」で検索。)
やったぁ、僅差で農学部に勝った!とは言え、最低レベルなのは否めない。
…ちょっと待てよ。このままだと、例えば自己紹介で「私は理学部生です」と記しているサイトはヒットするが、
「理学部に所属」とだけ記している人のサイトはヒットしないことになる。
そこで今度は、「理学部」で検索してみることにする。勿論、比較検討のための検索も同様だ。
Googleにて(2006年8月6日実施:日本語のページのみ)    
検索語句 法学部 医学部 工学部 文学部 薬学部 農学部理学部
ヒット数 約 3,190,000件 約 9,650,000件 約10,400,000件 約 5,520,000件 約 1,290,000件 約 2,750,000件 3,350,000


Yahoo!にて(2006年8月6日実施:ウェブ検索の「ウェブ全体」)    
検索語句 法学部 医学部 工学部 文学部 薬学部 農学部理学部
ヒット数 約3,310,000件 約6,900,000件 約4,580,000件 約3,340,000件 約969,000件 約1,420,000件 1,850,000

結果、薬学部、農学部には勝利。他には敗北ということになった。
しかしこの検索方法だと、「○学部生」個人のサイトよりも、「どこかの大学の○学部」のサイトのほうがヒットしてしまった。 あるいは、「○学部受験対策」といった類のサイトがよく引っかかる。医学部がとりわけ多いのはそのためだろう。
いずれにせよ、理学部の影が薄さを自ら証明してしまった気がしてならない。

…ともかく、理学部関係者の皆さん、頑張りましょう!
なんだかよく分からない結論になってしまいましたが、今回はこの辺で。それでは。

『べしゃり』に戻る トップへ inserted by FC2 system