「久弥の法則」バックナンバー3
(およそ2007年4月〜8月)

「久弥の法則」バックナンバー1 「久弥の法則」バックナンバー2
「久弥の法則」バックナンバー4 「久弥の法則」バックナンバー5
「久弥の法則」バックナンバー6 「久弥の法則」バックナンバー7
「久弥の法則」バックナンバー8 「久弥の法則」バックナンバー9
「久弥の法則」バックナンバー10
久弥の法則 トップへ

第31法則「上手な刹那主義」
未来の事に想いを馳せると、不安になる時もある。
そんな時はとりあえず、目の前の事に張り切ってみてはいかが?
何かをやりきった、という自信こそが、自分自身の励みになるのだから。

第32法則「一匹狼こそ寂しがり屋」
人との絆を求める気持ちは、独りになろうとする気持ちに反比例する。

第33法則「質問の効能」
ある事柄について質問すると、その事柄が少しは分かるようになる。
ある事柄についての質問に答えると、その事柄がもっと分かるようになる。

第34法則「万有引力の法則」
この世にある全ての質量を持つものは、お互いに距離の2乗に反比例して引き合っている。
同様にこの世の全ての人、いや生き物はみな、多かれ少なかれ、お互いに引き合っている。
(なお、万有引力の及ぶ範囲は無限であると、物理学で証明されている。)

第35法則「千里の道も一歩から」
たとえどんなに壮大な夢であっても、その達成のためになすべきことの一つ一つは、
大抵の場合、誰にでもできるような他愛もない行為である。
要は、そんな他愛もないことをどれだけその方向に積み上げられるか、である。

第36法則「公共の福祉」
社会的生活においては、ある程度の義務や責任を甘受しておいたほうが、
かえって自由の最大値を手にしやすい。

第37法則「"はしか"よりも…」
友達の口ぐせは感染しやすい。
直すためにはその友達から離れるのが一番だが、
口ぐせを移される程の友達の縁はそう簡単には切れやしないので、
結局、直らなくてもさほど心配はない、と言うことになる。

第38法則「睡眠時間保存則」
ヒトの睡眠時間は、長い目(大体1週間程度)で見れば、一定になるようにできている。
(例;いつも6時間寝る人が、ある日徹夜をすれば、次の日12時間睡眠になるか、 次の日とその次の日の授業をずっと居眠りするか、のどちらかの現象が起こる。)

第39法則「人の社会的考察」
組織とかコミュニティとかいう枠組みは、人と人が出会う口実に過ぎない。

第40法則「下手な鉄砲も…」
「何をやるのか」を考えるよりも、「何かをやる」方が簡単。
何をやるのが「いい」かなんて、結局誰にも分からないのだから。

第41法則「心理学をかじって思うこと」
客観的に主観を捉えようとすればするほど、主観的に客観を捉えている自分に気づく。

第42法則「一人一人 違いがあって 当たり前」
違いを楽しむ 余裕が大切(思いっきり字余り)

第43法則「性『弱』説」
いずれにせよ、人間は弱い生き物だ。だからこそ、群れるんじゃないか。
それが善いか悪いかは、関係ない。それが、本能なのだから。

第44法則「バカとバカな事は違う」
バカな事をするためには、バカであってはならない。
バカでないからこそ、バカなことが出来る。

第45法則「目立つ履歴書」
人の顔には、色々な意味で、その人の人となりが表れている。



「久弥の法則」バックナンバー1 「久弥の法則」バックナンバー2
「久弥の法則」バックナンバー4 「久弥の法則」バックナンバー5
「久弥の法則」バックナンバー6 「久弥の法則」バックナンバー7
「久弥の法則」バックナンバー8 「久弥の法則」バックナンバー9
「久弥の法則」バックナンバー10
久弥の法則 トップへ inserted by FC2 system